JAL 国内線でも豪華な機内食

国内線飛行機と聞くと、あまり機内食というイメージが湧かないのではないでしょうか。国際線であれば、3時間以上のフライトは普通であるため、機内食が出されるというイメージがあります。しかし、国内線は乗っていても、2時間程度ですよね。そのため、飛行機内ではドリンクを飲む程度で、あとは読書をしたり仕事を進めたりと、自分の時間を過ごすと言うのが、国内線の過ごし方のイメージなのではないでしょうか。

しかし、国内線でも、機内食は提供されます。JALの場合、ファーストクラスを利用することで、機内食サービスを受けられるようです。
「でも国内線の機内食サービスなんて形程度なんじゃないの」という声も聞かれそうですが、JALの機内食はけっこう豪勢でおいしいと評判ですよ。
まず、JALの機内食の素晴らしい点として、時期ごとにメニューが違うことが挙げられます。1ヶ月を上旬・中旬・下旬に分けて、それぞれ違うメニューを楽しむことができるのです。

確かに、飛行機なんてそんな乗らないという方からすると、季節ごとにメニューが違っても、あまり意味がないのかもしれません。
しかし、JALが客に対して、「少しでも旬の食材を提供したい」「手の込んだ料理を食べてもらいたい」と言った思いが感じ取れるような気がします。
また、時間帯によっても、提供される料理が変わります。朝食時間帯、昼食時間帯、夕食時間帯はもちろんのこと、軽食時間帯まで設定されていますから、食事の時間帯でないときにも、おやつを楽しむことができますよ。

ちなみに、夕食時間帯の機内食が特に評判のようですね。有名レストランによる料理が振舞われるそうです。普通に食べてもそれなりにする料理が提供されます。飛行機で食べる食事も、また旅の醍醐味なのではないでしょうか。
ちなみに、10:30までは朝食が、10:30~14:00までは昼食が、17:00以降は夕食が振舞われるそうです。そして、14:00~17:00は軽食として、おやつが振舞われます。

機内食のイメージが国際線に比べてあまりない、国内線。しかし、国内線の機内食もとてもおいしいと評判です。
JALの場合はファーストクラスに乗ることで、機内食サービスを受けることができます。時期によってメニューが変わるのはもちろんのこと、時間帯によってもメニューが変わります。おやつの時間帯には軽食が出るのも、細かな心遣いです

投稿日:

JAL国内線 ファーストクラスでは豪勢な飲み物も振舞われます

JALの機内食は、時期時間ごとにメニューが違い、とてもおいしいと評判です。また、機内食に限らず、ドリンクサービスも素晴らしいと評判です。
JALは、日本最大手の航空会社です。そんなJALのファーストクラスは、とても座り心地がいいものです。もちろん、機内食も豪華で、サービスの質も上等です。また、ドリンクサービスもとても素晴らしく、まるで飛行機のなかに居るのを忘れてしまうほどですよ。

まず、ドリンクサービスとして定番な、お茶類。旅の疲れを癒すために、飛行機内でゆっくりとティータイムを堪能したい方も多いのではないでしょうか。JALのファーストクラスでは、本格的なコーヒーと緑茶を飲むことができます。どちらも、日本を代表するソムリエ的な人が監修した、とても品のある飲み物になっています。

そして、忘れてはいけないものが、アルコール類でしょう。JALの飛行機内で提供されるアルコールは、日本酒はもちろんのこと、ビールにシャンパンなど、多岐に渡ります。
特に、旅行で飛行機に乗る場合は、お酒を飲みたくなることもあるのではないでしょうか。JALではさまざまなお酒が振舞われますので、とても楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

もちろん、一般席でも、ソフトドリンクが振舞われます。ジュースや紅茶、コーヒーなどを無料で飲むことができますので、充実した時間を過ごすことができますよ。また、一般席で提供されるソフトドリンクは、ファーストクラスでも飲むことができます。

飛行機内で過ごす時間は数時間程度ですが、意外にもすることがなくなって暇になってしまうものです。読書やスマホをするにしても、1時間を過ぎたあたりから辛くなってくるものです。そんなときに、飲み物があると、とてもリフレッシュした気になり、あっという間に目的地い着いてしまいます。

JALのファーストクラス。機内食が豪華なのはもちろんのこと、ドリンクサービスも上質です。本格的なコーヒーや紅茶が振舞われるほか、日本酒やビールなどのアルコール類も充実しており、飛行機での時間を楽しませてくれます。
また、一般席でも、無料でソフトドリンクを飲むことができるため、大変重宝できるでしょう。ファーストクラスでもソフトドリンクをもらうことができますので、ジュースなどが飲みたいときでも安心ですよ。

投稿日:

JAL機内食を最大限に楽しむ心構え

JALで振舞われる機内食。ファーストクラスであれば、国内線でも豪勢な料理が振舞われるため、飛行機のなかの時間がとても充実したものになります。
せっかくJALの機内食を食べるのですから、最大限に楽しみたいと思いませんか。確かに、「ただの食事」ではあるかもしれませんが、思っている以上に本格的な料理が運ばれてくるため、驚くことでしょう。また、飛行機で食べるという非現実感が、なんともいいものです。

まず、ファーストクラスの場合は、JALでも機内食が振舞われることを忘れてはいけません。機内食の存在を忘れて、飛行機に乗る前に、食事を摂ってしまうのはもったいないでしょう。例えば、20:00発の飛行機で、北海道から名古屋へ帰るとしましょう。名古屋へ着くのは22:00頃だからと、飛行機に乗る前に食事を食べてしまったとします。おそらく、飛行機のなかでは満腹の状態で、おいしく機内食をいただくことができませんよ。

ちなみに、10:30までは朝食、10:30~14:00までは昼食、17:00からは夕食が提供されます。自分のフライトする飛行機が、どの食事を提供するのかを事前に調べてから飛行機に乗ると、より機内食を楽しむことができますね。

また、JALのファーストクラスは、ドリンクサービスも上質です。せっかく、豪勢な機内食が振舞われるのですから、ドリンクサービスも最大限に活用しましょう。
アルコール類は、ビール、日本酒、シャンパンを頼むことができます。特に、日本酒とシャンパンにこだわりがあるようです。また、コーヒーや緑茶も本格的なものを飲むことができます。機内食と合う飲み物ばかりですので、ドリンクサービスもぜひ活用しましょう。もちろん、ジュースなどソフトドリンクも頼むことができますよ。

ちなみに、14:00~17:00までは、軽食が振舞われます。けっこう高級なおやつを食べることができますよ。機内食ほど満足感を得ることはできないかもしれませんが、こちらも上質な時間を過ごすことができるでしょう。

「国内線は機内食が出ない」という認識の方も、多いのではないでしょうか。せっかく機内食が提供されるのに、搭乗前に食事を済ましてしまっては、意味がありません。JALの国内線ファーストクラスは機内食が出ることを、しっかりと覚えておきましょうね。
また、JALのファーストクラスは、ドリンクサービスも素晴らしいので、機内食と併せて楽しみたいものです。

投稿日:

JALで行きたい日本の名所 長崎編

JALを使えば、長崎市までも簡単に行けてしまいます。さて、長崎市内には、どのようなスポットがあるのでしょうか。

長崎市内の観光スポットのなかで、最もおススメしたい場所が、長崎原爆資料館です。第二次世界大戦において、広島と長崎に、原爆が投下されました。原爆ドームがあることなどから、どちらかというと、広島の原爆のイメージの方が強いものです。しかし、ここ長崎市でも、甚大な被害を受けてしまいました。
長崎原爆資料館は、そんな原爆についての展示物を見るとともに、平和について考えることのできる資料館となっています。

次におススメしたい、長崎市内の観光スポットは、稲佐山です。こちらは、数ある長崎の山のなかで、最も親しみやすい山かもしれません。
というのも、稲佐山公園として整備されているため、気軽に遊びに行くことができます。また、ロープウェイで登ることができ、稲佐山展望台という、長崎市内を一望できる施設もあります。せっかく長崎市まで来たのですから、長崎の風景を一望してみてください。

坂の多い市街地、迫り来る山々、もちろん海も見渡すことができ、長崎の象徴的な風景を堪能することができます。

最後におススメしたい、長崎市内の観光スポットは、グラバー園です。こちらは、長崎の文化的名所とでも言ったところでしょうか。
グラバー園とは、1,800年代、当時まだ外国人が珍しかったころ、日本に訪れた外国人たちが住んでいたところです。
園内には、当時の邸宅が残っており、さまざまな展示などを見ることができます。また、カフェやレストランなども点在しており、優雅な時間を過ごすことができますよ。ドレスを借りることもできるようで、女性からの人気も集めています。
 
JALで行きたい日本の都市として、長崎市内の観光スポットを紹介いたしました。長崎市は、山が近くて坂が多く、海も近いという、独特な地形のなかにあります。とてもオシャレな風景が広がっており、散歩をするだけでも楽しいことでしょう。

そんな、長崎市内で一番おススメしたいスポットが、長崎原爆資料館です。原爆投下という悲しい現実に対面しなければいけませんが、日本人として必ず訪れておきたい施設です。
稲佐山へ行けば、長崎の街並みを一望することができます。公園として整備されているので、子連れでも楽しめるでしょう。グラバー園も、長崎市定番のスポットですよ。

投稿日:

JALで行きたい日本の名所 静岡市編

「飛行機で静岡へ?」と思われる方も多いようですが、JALで静岡まで行くことができます。静岡といえば、富士山が有名なのではないでしょうか。言わずと知れた、日本の最高峰であり、日本で一番知名度のある山と言っても過言ではありません。とは言っても、あんまり静岡が旅行の目的地になるのも、少ないようです。しかし、富士山がキレイに見える街である静岡市は、さまざまな観光スポットに恵まれています。
ぜひ、この機会に、静岡市観光のプランニングをしてみませんか。

静岡市内にある観光スポットのなかで、一番おススメしたい場所が、三保海岸です。世界遺産にも登録された場所です。通称「三保の松原」で親しまれています。
三保海岸から見る景色は、日本の風景そのものです。波が押し寄せる太平洋と砂浜があり、松があり、その向こうには富士山を望むことができます。
古くは浮世絵などにも描かれた風景で、現在でも銭湯の壁のデザインなどとして親しまれています。
静岡市で一番おススメしたいスポットであり、日本を代表する風景ですので、ぜひ訪れてみてください。

次におススメしたいスポットが、薩埵峠です。こちらは、峠から富士山を見ることができます。富士山と海とがキレイに見られるスポットですよ。ちなみに、周辺には、みかんの木がいっぱい立っており、みかんの季節に行くと、また静岡らしい風景となっています。   
静岡といえばみかんですからね。静岡市内にも、地元産のみかんを販売するお店がたくさんあります。現地の特産物を食べるのも、また旅の醍醐味なのではないでしょうか。

最後におススメしたいスポットは、日本平動物園です。動物園と聞くと、都会のなかにあるイメージが強いものです。
しかし、日本平動物園は、比較的山から近いところに位置しています。より自然的な角度から、動物を観察することができると評判の動物園です。
園内はとても広く、じっくり見て周るには、1日かかってしまうかもしれません。ちなみに、入場料が大人610円と安いことも評判です。

この記事では、JALで行ける名所として、静岡市内の観光スポットを紹介いたしました。一番おススメしたい場所は、三保海岸です。世界遺産にも登録されており、海と富士山とをとてもキレイに見ることができます。また、薩埵峠へ行くと、峠から富士山を見ることができますよ。日本平動物園も楽しめますので、ぜひ計画に入れてみてください。