JAL 国内線でも豪華な機内食

国内線飛行機と聞くと、あまり機内食というイメージが湧かないのではないでしょうか。国際線であれば、3時間以上のフライトは普通であるため、機内食が出されるというイメージがあります。しかし、国内線は乗っていても、2時間程度ですよね。そのため、飛行機内ではドリンクを飲む程度で、あとは読書をしたり仕事を進めたりと、自分の時間を過ごすと言うのが、国内線の過ごし方のイメージなのではないでしょうか。

しかし、国内線でも、機内食は提供されます。JALの場合、ファーストクラスを利用することで、機内食サービスを受けられるようです。
「でも国内線の機内食サービスなんて形程度なんじゃないの」という声も聞かれそうですが、JALの機内食はけっこう豪勢でおいしいと評判ですよ。
まず、JALの機内食の素晴らしい点として、時期ごとにメニューが違うことが挙げられます。1ヶ月を上旬・中旬・下旬に分けて、それぞれ違うメニューを楽しむことができるのです。

確かに、飛行機なんてそんな乗らないという方からすると、季節ごとにメニューが違っても、あまり意味がないのかもしれません。
しかし、JALが客に対して、「少しでも旬の食材を提供したい」「手の込んだ料理を食べてもらいたい」と言った思いが感じ取れるような気がします。
また、時間帯によっても、提供される料理が変わります。朝食時間帯、昼食時間帯、夕食時間帯はもちろんのこと、軽食時間帯まで設定されていますから、食事の時間帯でないときにも、おやつを楽しむことができますよ。

ちなみに、夕食時間帯の機内食が特に評判のようですね。有名レストランによる料理が振舞われるそうです。普通に食べてもそれなりにする料理が提供されます。飛行機で食べる食事も、また旅の醍醐味なのではないでしょうか。
ちなみに、10:30までは朝食が、10:30~14:00までは昼食が、17:00以降は夕食が振舞われるそうです。そして、14:00~17:00は軽食として、おやつが振舞われます。

機内食のイメージが国際線に比べてあまりない、国内線。しかし、国内線の機内食もとてもおいしいと評判です。
JALの場合はファーストクラスに乗ることで、機内食サービスを受けることができます。時期によってメニューが変わるのはもちろんのこと、時間帯によってもメニューが変わります。おやつの時間帯には軽食が出るのも、細かな心遣いです

投稿日: