現在地: 大手航空会社JAL国内線美味しい機内食のまとめ » ドリンク, 機内食, 飛行機 » JAL機内食を最大限に楽しむ心構え!搭乗前に物を食べてはいけない

JAL機内食を最大限に楽しむ心構え!搭乗前に物を食べてはいけない

JALで振舞われる機内食。ファーストクラスであれば、国内線でも豪勢な料理が振舞われるため、飛行機のなかの時間がとても充実したものになります。
せっかくJALの機内食を食べるのですから、最大限に楽しみたいと思いませんか。確かに、「ただの食事」ではあるかもしれませんが、思っている以上に本格的な料理が運ばれてくるため、驚くことでしょう。また、飛行機で食べるという非現実感が、なんともいいものです。

飛行機に乗る前に食事するのは勿体ない

まず、ファーストクラスの場合は、JALでも機内食が振舞われることを忘れてはいけません。機内食の存在を忘れて、飛行機に乗る前に、食事を摂ってしまうのはもったいないでしょう。例えば、20:00発の飛行機で、北海道から名古屋へ帰るとしましょう。名古屋へ着くのは22:00頃だからと、飛行機に乗る前に食事を食べてしまったとします。おそらく、飛行機のなかでは満腹の状態で、おいしく機内食をいただくことができませんよ。

ちなみに、10:30までは朝食、10:30~14:00までは昼食、17:00からは夕食が提供されます。自分のフライトする飛行機が、どの食事を提供するのかを事前に調べてから飛行機に乗ると、より機内食を楽しむことができますね。

また、JALのファーストクラスは、ドリンクサービスも上質です。せっかく、豪勢な機内食が振舞われるのですから、ドリンクサービスも最大限に活用しましょう。
アルコール類は、ビール、日本酒、シャンパンを頼むことができます。特に、日本酒とシャンパンにこだわりがあるようです。また、コーヒーや緑茶も本格的なものを飲むことができます。機内食と合う飲み物ばかりですので、ドリンクサービスもぜひ活用しましょう。もちろん、ジュースなどソフトドリンクも頼むことができますよ。

機内食は軽食もでます

ちなみに、14:00~17:00までは、軽食が振舞われます。けっこう高級なおやつを食べることができますよ。機内食ほど満足感を得ることはできないかもしれませんが、こちらも上質な時間を過ごすことができるでしょう。

「国内線は機内食が出ない」という認識の方も、多いのではないでしょうか。せっかく機内食が提供されるのに、搭乗前に食事を済ましてしまっては、意味がありません。JALの国内線ファーストクラスは機内食が出ることを、しっかりと覚えておきましょうね。
また、JALのファーストクラスは、ドリンクサービスも素晴らしいので、機内食と併せて楽しみたいものです。