現在地: 大手航空会社JAL国内線美味しい機内食のまとめ » 機内食, 飛行機 » JAL国内線のファーストクラスは機内食で特別メニューが楽しめる!

JAL国内線のファーストクラスは機内食で特別メニューが楽しめる!

JALファーストクラスでは、利用する時間に応じて朝食・昼食・夕食を用意してもらえるサービスがあります。
希望に添えない場合は、メニュー内容が変更することもありますが、日本が誇る各地名店と連携し豪華なメニューを多数取り揃えています。
JAL国内線を利用する際は、ぜひファーストクラスに乗って空の上で特別な機内食を味わってみませんか。

お正月メニューは1月1日・2日・3日だけの特別メニュー

JAL国内線羽田発便では、1月1日~3日までの朝食・昼食のみお正月特別メニューを提供しています。
赤飯・赤蕪漬・松前漬・カニ・栗金団・田作り・黒花豆・長老喜・多喜合・紅白なます・いくら・鰤の照焼・海老・伊達巻・昆布巻・紅白蒲鉾・数の子・しぐれ・紅白酢蓮・南天などお正月のおもてなし料理を機内食として味わうことができます。

夕食メニューは有名な料亭の味を

JAL国内線ファーストクラスは、有名レストランや料亭と提携しながら月別にメニューを変更しています。
1月の提携店は「料理旅館鶴形」で、273年の歴史ある由緒ある旅館の山海の幸を使用した料理を楽しむことができます。
上旬・中旬・下旬の時期によって内容も少し変更するので、JALホームページでチェックしてみてください。

JAL機内食専用の幻のカップ麺「ですかい」

上空の航空機内は気圧が低いため、お湯の沸騰温度が低くなります。
通常のカップ麺だときちんと仕上がらないので低いお湯の温度でも食べられる専用カップ麺を開発しました。
カップ麺には「うどんですかい」と「らーめんですかい」の2種類が用意されているので、気軽に乗務員に申し付けることが可能です。
JALオリジナル麺なので、機内でしか食べることのできない貴重なメニューとなっています。
「うどんですかい」は、魚介や昆布だしのあっさり関西風うどんです。
平打ち麺と和風だしがほど良くマッチして相性抜群です。
「らーめんですかい」は、チキンとポークの出汁がきいた中華風しょうゆ味で、平打ちちぢれ麺はラーメンというよりもヌードル風に仕上がっています。
どちらのカップ麺とも時間が経っても伸びにくいのが特徴です。